ピカリボンヘッダー

 

トップ

バナー

アニメ

プレゼント

7つの宣誓

ストーリー

ピカリボン2012ピカリボンキャンペーン7つの宣誓(ピカリボン・セブン)

 

【2010年8月】

ジム☆チャレンジを開催している玩具店やカードショップ、自主開催大会を行っているジムなどの団体が、大会開催にあたりフェアプレイ精神にのっとって行うことを宣言できるアイテムを作ってはどうかと思い宣誓文を作りました。
例えばピカリボンの趣旨を宣誓文にして、それを掲げてもらいお店に来た子供たちや主催大会への参加者らに説明してもらうというものです。参加者は安心して大会に参加できますし、不正行為の抑制にもつながると信じています。参加していただける店舗や自主大会についてはこのHPで紹介する以外でも、参加者がPRしあって環境のよい大会として大いに口コミで広めていきたいと思います。

衝撃現在までの参加団体はコチラ(ピカリボンwikiに掲載中です。)

ピカリボンセブン宣誓文

宣 誓


私たちは,気持ちよくポケモンカードゲームをプレイするため,次のことを実行いたします。

1.相手を尊重し、さわやかで気持ちの良いあいさつを心掛けます。
2.フェアプレイを心掛け、ルールやマナーに則って不正行為は絶対にしません。
3.ワザの宣言など自分の意思を相手にわかりやすく伝えることを心掛けます。
4.中・上級者は低年齢者や初心者のお手本となるよう心掛けます。
5.自分や相手のカードやコインなどを大切に扱います。
6.観戦中もほかのプレイヤーの迷惑にならないよう心掛けます。
7.不正行為は見過ごさず、「しない」「させない」環境を作っていきます。

以上、7つの宣誓(ピカリボンセブン)を遵守し,『ピカリボン・キャンペーン』(Pokemon-TCGマナーアップ運動)を通じて、プレイングマナーの向上を目指します。

宣誓者署名


ピカリボンセブン宣誓書

ピカリボンセブン イメージキャラクター

ピカリボンセブン

イラストについて

  • ・前回のピカリボンステッカー作成時にピカチュウの顔出し等著作権の問題でご指摘いただいたので、今回は後ろ向きにしました。
    ・カード経験者がまず見本を示す、子供は大人の背中を見ているという意味でも後ろ姿にしました。
    ・ギザギザしっぽでピカリボンセブンの7でかたどってみました。

【配布方法】

自主開催大会については主催者の自薦、店舗大会についてはプレイヤーのみなさんの他薦によって
輪を広げて行きたいと思います。推薦される方はその店舗に趣旨の説明をしていただき、了解をとってください。お手数ですが宣誓文の画像をクリックしていただき、原画(A4サイズ)をコピーしてお作りください。(画素数1300×1793 jpeg)

宣誓文に署名したり、掲示した様子などを自身のHPやブログなどで紹介していただき、こちらのフォームにもご連絡ください。ピカリボンwikiやmixiなどに掲載させていただきます。

主催者と参加者がいっしょになって、子供や初心者にもやさしく参加しやすいジム☆チャレンジや自主開催大会をどんどん増やしていきましょう。私たち自身や、今いっしょに活動してくださっている方々が、将来的にポケカから離れていったとしてもこういった店舗を増やし残していくことで新しいプレイヤーのための環境作りは続いていってくれるよう願っています。

また、少し大きめですが、個人でも携帯していただけるとうれしいです。カードファイルやルールブックなどといっしょにポケカのお供としてお持ちください。

 

 

 

 

 

 

■当サイトの作成者及び本運動の発起人は、メタモンノート管理人のメタモンと883Rです。
■ここはポケモンカードゲームに関する個人運営のサイトでポケットモンスター関連企業とは一切関係ありません
■本ページのリンクは自由です。運動にご賛同下さる方は、是非リンクをお願いします。ピカリボン運動に関するご意見・ご要望・相互リンク依頼等は、メールフォームにお寄せ下さい。
■このサイトのページは、MacOSX・ブラウザーはSafari で動作確認をしています(WindowsおよびInternet Explorerでご覧の方は表示が崩れるかもしれません。)
★ピカリボン一連の作品は、2次創作物ですので、ポケモンの著作者には許可をとっていません。2次創作は、個人が楽しむ範囲でキャラクターを使用すること(「私的使用」)において著作権法上認められているらしいのですが、Webサイトに掲載した場合は問題(著作権 法違反)があることは認識しています。マナー向上を訴えるピカリボンが法令を遵守していないのは、本末転倒であり心苦しいのですが、運営サイドがマナーアップを訴える運動を率先すべき、という意味もあり、あえてインパクトの強いピカチュウのキャラクターや、声・音楽を使用しました。ポケモンの1ファンとしてポケモンの持つイメージを壊さずに創作・使用しているつもりですが、『ポケットモンスター(Pokemon)』の著作権は任天堂、ゲームフリーク、クリーチャーズ、ポケモン、小学館プロダクション、テレビ東京、JR企画の各社に ありますので、権利者から要請(勧告)があった場合は、速やかにその内容に従うこととします。ご使用に当たってはこれらの点を認識した上で、お願いします。 著作権について、お子さんへの説明は難しいと思いますがこの機会にぜひ話し合ってみて下さい。

Copyright 2008-2014 ピカリボン All rights reserved

inserted by FC2 system