ピカリボンキャンペーン

 

詰将棋

囲い

攻め筋

注意する手順

注意する手順

今回は居飛車対居飛車の序盤で注意する事を見ていこうと思います。将棋を覚えて間もない人の対局よく現れる局面です。初手から▲2六歩▽8四歩▲2五歩▽8五歩と進んでテーマ図です。

(テーマ図)

注意1テーマ

ここから、定跡では▲7八金▽3二金▲2四歩▽同歩▲同飛▽2三歩▲2八飛▽8六歩▲同歩▽同飛▲8七歩▽8五飛(図1)と進むのが最近では多くなっています。これから先はしばらく駒組みが進む展開になります。

(図1)

注意1図1

しかし、テーマ図から2四歩と突いて飛車先を破ろうとしたらどうなるでしょうか。「先手なんだから先に攻める事が出来るだろう」と考えがちですが、▽2四同歩▲同飛▽8六歩▲同歩となります。ここで後手が8六同飛としてくれたら2三歩と打って先に角が取れるのでありがたいのですが、ここで8七歩と打つ手があります。(図2)

注意1図2

これで、後手が先に角が取れるんです。以下▲2三歩▽8八歩成▲同銀▽3五角(図3)となり、後手だけ馬を作れる形になってしまいました。これでは、先手の攻めは失敗です。このようなことになってしまうので、テーマ図では7八金と上がり、角頭の8七の地点を守ってから2四歩と突くのです。

(図3)

注意1図3

今回の内容は分かっていただけたでしょうか。将棋は面白いゲームです。ルールや手筋などを覚えて楽しく対局をしていきましょう。


Copyright (C)2008-2014 メタモンノート All rights reserved

inserted by FC2 system